箕輪厚介さんの編集した本には自分らしく生きるヒントが沢山あるのです

人生を変える、考え方が変わる本との出会い

今の自分に満足していない。変わりたいと思っているなら、出会いがキーポイントになります。

人との出会い、本との出会い、感動する映画との出会いや音楽、ミュージカルなど、様々な出会いがあります。沢山のものや人との出会いはあなたの財産となります。

自分らしく生きたい。そう思った時、私にも様々な出会いが訪れました。

その中でも、心を揺さぶられた本。人生観が変わる本との出会いを紹介したいと思います。

もともと本があまり好きではなかった私が読み漁るように本を読むようになったきっかけ。こんなに感動する面白い本があるのかと。

そうです。タイトルにもある箕輪厚介さんの本との出会いが私の本への意識を変えました。

箕輪厚介さんの「死ぬ事以外かすり傷」を読むと何故か動き出したくなる?

人生を変えるきっかけを作った本。この本に出合って、本があまり好きでなかった私がどんどん本にはまっていきました。

この人が関わった本や人、すべてのことを知りたくなったのです。まさに中毒とでも言うべき状態。一気にファンになったのです。。こんなに熱い人がいるのかと。

 死ぬこと以外かすり傷

  箕輪幸助さんの「死ぬこと以外かすり傷」。友達にすすめられたことがきっかけで出会った本です。

ちょうど人生につまずいた時期。私とは何者なのか。自分らしく生きるとはどうゆうことなのか。

私は何のために生きているのか。そんな状態から自分の目標を見つけ、動き出そうとしていた時期に出会った本です。

自分を信じ行動を起こすこと。固定概念や常識にとらわれないこと。夢中になること。熱意をもって進めば必ず道は開ける。

夢中になって行動する事。自分らしく生きるヒントをもらえた本です。ずっと傍らに置き、何度も読み直したい。私の大切な一冊となりました。

 

努力は夢中に勝てない

 

これは箕輪さんの言葉。

努力ではなく夢中になること。熱狂すること。人生一度きり。時間は有限なのです。

一度きりの人生をどうやって生きるかはあなた次第。後悔しない生き方をして欲しい。楽しく生きて欲しい。せっかくの人生を楽しんで欲しい。私はそう思います。

箕輪さんの熱量は半端ないです。夢中で最後まで読み進めたのはこの本が初めて。自分が高揚しているのが分かりました。

箕輪さんはもともと本の編集者。本の編集というお仕事にどう向き合っているか。世間の目や世論なんて関係ない。自分がどうしたいかで箕輪さんは行動しているのです。

箕輪さんが編集した本を読みたい。どんな人に興味を持ち、どんな編集をしているのか。すごく興味がわきました。

この本との出会いをきっかけに沢山の本との出会いが私を待っていました。そして、今もそれは続いています。

本から学べる事がこんなにあるなんて。私の人生の中で抜け落ちていたもったいない事実に気付かされました。

本を読まない。好きではない。本なんて面白くない。そう思っているなら一度読んでみてください。私のように中毒になるかも知れませんよ。箕輪厚介中毒です。

死ぬこと以外かすり傷 [ 箕輪厚介 ]

最近はスッキリのコメンテーターをされたり、歌を出されたり。本当にやりたい事を全力でされている箕輪さん。

自分の編集した前田裕二さんの本の宣伝に前田さんと付き合っていると”言われている”石原さとみさんの名前を出して宣伝したり。

さすが箕輪さんのする事は常識を外れている。いい意味で概念がないのです。でも、この石原さとみさんの件はやり過ぎも良くありませんけどね。箕輪さんだから許される行為です。

箕輪厚介さんが編集した本を集めてみました

箕輪さんが編集した本は沢山あります。その中でも私が気になって読みたいと思い、手に取った本を紹介していきます。

箕輪さんの周りにいる人達も同じく、熱狂的な人、すごい人達ばかりです。私はこの世界にどっぷりはまってしまいました。

マンガで身につく多動力

すでに話題になっている堀江貴文さんの多動力をマンガで分かりやすく解説しています。

この本に出てくる主人公はまさに箕輪さん。どんなことに興味を持ちどう行動しているのか。

その時の周りの反応や変化など。多動力。まわりを動かすとはどういうことなのか。きっとあなたは何かを得ることが出来ると思います。

 

 

 

マンガで身につく多動力 [ 堀江貴文 ]

 

人生の勝算

SHOWROOM株式会社 代表取締社長 前田裕二さんの本です。まさにこの本は箕輪さんの情熱によって出来上がりました。

何度も何度も断る前田さんにアプローチし、出来上がった本です。

8歳の時、母親が急死。父親がいなかった前田さんはお兄さんと二人きりに。そこからどうやってここまでこれたのか。読んでいて頑張る勇気をもらえる本です。

SHOWROOMはまだまだこれからも大きくなっていきます。夢をもらえる本。若者にぜひ読んでもらいたい一冊です。

 

 

人生の勝算 [ 前田裕二 ]

 

たった一人の熱狂

幻冬舎 代表取締役 社長 見城徹さんの本です。率直に言うと熱い、濃い、まさに熱狂的な人です。

堀江貴文さんとサイバーエージェントの藤田晋社長が立ち上げた「755」というSNS上で繰り広げられた、見城さんの熱い言葉、熱い思いが詰まった本です。

「見城徹の千本ノック道場」とも呼ばれたいわゆるネット上の人生相談道場。見城さんはすごい。素直にそう思いました。あなたが人生に悩んでいるなら心に響く言葉がたくさんあると思います。

 

 

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫) [ 見城徹 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。